さくらのクラウドの専有ホスト上でAndroidを動かして遊ぶ

先日さくらのクラウドの、仮想サーバの基盤を利用者専有できる専有ホストにおいてNested VMの対応がアナウンスされました 専有ホストがNested VMに対応しました | さくらのクラウドニュース 利用者側でなにかする必要はなく新規に専有ホストをご契約し、その上で仮想サーバを実行すると、仮想サーバからVMXフラグが確認できNested VMの環境を利用できます。※提供以前より専有ホストをご利用中のお客様は別途カスタマー窓口までご連絡をお願いします 実際に何に使って見ようかと思ったときに思いついたのがAndroid エミュレータを実行しモバイルアプリの自動テストができないかというものでした。 まさしくピッタリの記事がメルカリさんで公開されています。Docker × Android エミュレータで、自動テスト(Appium)を並列化・爆速にする環境を作ったお話 Docker AndroidというAndroidエミュレータとnoVNC経由で操作できる環境がパッケージとなったUIテスト用のコンテナイメージも公開されています。実際の利用方法はDockerがインストールされた環境で実行するだけ。 上部の画像は実際にさくらのクラウドの専有ホスト上でDocker Androidを使ってGalaxy S6とS7 Edgeのエミュレータを実行してみました。(実際にはこの他にも5個ほどのエミュレータを並行実行されています) どちらかというと特殊な使い方になるかと思いますが、もちろん普通通りにKVMの環境を構築しNested KVMを構築することも、ISOからVMware ESXiをインストールして仮想環境を構築することも可能です。 これまでよりも仮想基盤として利便性の向上したさくらのクラウド &…