Windows Admin Centerでリモートデスクトップ機能が使えない場合

Windows Server 2019のサーバーマネージャーを起動すると、表示される「Windows Admin Center」を使ってみませんかというメッセージ。 ちなみにリンク先のURLはこんな感じになっています。https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/manage/windows-admin-center/understand/windows-admin-center どういうツールかというと次世代版のWindowsプラットフォーム管理ツールです。インストールするとウェブブラウザから複数のサーバを管理できるようになります。 実際にこのような感じで複数台のWindows Serverを登録し一元管理することが可能です。 Azureとの機能連携を始めとして、サーバに接続することなく殆どの操作をこなすことができます。 もしそれ以上に細かな操作が必要ならWindows Admin CenterからHTML5でのリモートデスクトップ機能が提供されます。わざわざmstscしなくてもいいんです。 通常であれば上記の様に問題なく接続することが可能ですが、ある条件下では正常に接続できない問題が発生します。 無限に認証情報を求められます。これはWindows Admin Centerにアクセスしているブラウザ側の問題で、Firefoxではこのような挙動になります。 ちなみにWindows Admin CenterのサポートブラウザはMicrosoft EdgeとGoogle Chromeのようです。 これを知らずに要らぬところで時間がかかってしまいました:-p

エンハンスドロードバランサを使って既存サイトをお手軽HTTPS化

■課題・解決したい問題 すでに作成済みのウェブサイトについて専門知識を用いずにHTTPS化したい。 SEO的な観点からもHTTPS化が推奨されている Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります サーバの設定やインフラには手を入れたくない ■構成 ■特徴 サーバの設定変更不要でHTTPにしか対応していないサイトをHTTPS化 Let’s Encryptの更新を自動で行ってくれるので更新し忘れによる失効のリスクを低減 エンハンスドロードバランサはクラウド以外にさくらのVPS/専用サーバにも対応しており、すでに作成済みのサイトに対してもすぐに適用できる ■注意点 こちらの作業を行う場合にはDNSの設定変更を行う権限が必要となります。 ■参考情報 エンハンスドロードバランサ | さくらのクラウドドキュメント