Windows Admin Centerでリモートデスクトップ機能が使えない場合

Windows Server 2019のサーバーマネージャーを起動すると、表示される「Windows Admin Center」を使ってみませんかというメッセージ。

ちなみにリンク先のURLはこんな感じになっています。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/manage/windows-admin-center/understand/windows-admin-center

どういうツールかというと次世代版のWindowsプラットフォーム管理ツールです。
インストールするとウェブブラウザから複数のサーバを管理できるようになります。

実際にこのような感じで複数台のWindows Serverを登録し一元管理することが可能です。

Azureとの機能連携を始めとして、サーバに接続することなく殆どの操作をこなすことができます。

もしそれ以上に細かな操作が必要ならWindows Admin CenterからHTML5でのリモートデスクトップ機能が提供されます。
わざわざmstscしなくてもいいんです。

通常であれば上記の様に問題なく接続することが可能ですが、ある条件下では正常に接続できない問題が発生します。

無限に認証情報を求められます。
これはWindows Admin Centerにアクセスしているブラウザ側の問題で、Firefoxではこのような挙動になります。

ちなみにWindows Admin CenterのサポートブラウザはMicrosoft EdgeとGoogle Chromeのようです。

これを知らずに要らぬところで時間がかかってしまいました:-p

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *