さくらのクラウドのWindows Server 2019でWindows Subsystem for Linuxを試してみた

さくらのクラウドでは他の事業者に先駆けてWindows Server 2019の提供を行っております。
さくらのクラウドにおける「Windows Server 2019」の提供開始について

Windows Server 2019の特徴としてクライアント版Windows 10と同様にWSL(Windows Subsystem for Linux)を利用することができます。
というわけで早速試してみました。

目次

1.役割と機能の追加から「Windows Subsystem for Linux」をインストールする

※再起動が発生するのでご注意下さい。

2.Powershell経由で実行ファイルのダウンロードと準備

Windows 10の場合Microsoft Storeからダウンロードできますが、Windows Serverには標準ではMicrosoft Storeが用意されていません。
厳密にはビジネス版Microsoft Storeというものがあるそうですが今回は直接実行ファイルをダウンロードしてみます。

なお、インストールの手順としてはこちらに公式が公開しております。
Windows Server Installation Guide

また、現時点で入手可能なディストリビューションはこちらです。
Downloading distros

今回はUbuntu 18.04をダウンロードします。

Invoke-WebRequest -Uri https://aka.ms/wsl-ubuntu-1804 -OutFile Ubuntu.appx -UseBasicParsing

ダウンロードが完了したらファイル名を変更します。

Rename-Item Ubuntu.appx Ubuntu.zip
Expand-Archive ~/Ubuntu.zip ~/Ubuntu

3.インストール

あとは単純にExeファイルを実行するだけとなります

上記の Ubuntu1804.exe を実行することでインストールが開始され、初期管理ユーザとパスワードの入力が求められます。

起動してみる

実際にPowershellやコマンドプロンプトの画面ないから 「Bash」 と入力することで立ち上がってきます。

これでWindows Server上でUbuntuが実行する環境が準備できました。
Linux上ではWindowsを起動することはできません*がWindows上ではLinux環境が実行するので一粒で二度美味しい:-p
*いろいろと語弊あり

Join the Conversation

1 Comment

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *